花粉症の方はお酒との付き合い方を考えよう

アルコールとの付き合い方

今や日本国民の多くが花粉症の症状を感じており、それは風邪にも似ている症状で、だるいと感じることもあるでしょう。
花粉でのアレルギー性鼻炎には病院処方のザイザルを利用して、体調の管理は体に優しくすることを心がけていきましょう。
花粉症の対策になることとして、アルコールとの付き合い方にもヒントがあります。

ストレス満載のビジネスの中で生きるサラリーマンやOLは、そのストレス発散を大人の楽しみであるお酒に求めることがあります。
確かに楽しく紅潮をするお酒は気分もあがりますし、ストレス発散で飲むのはよくあることです。
しかし、お酒も度を過ぎてしまいますと、花粉症を余計にひどくさせることになります。
ストレス発散にお酒を飲むのが絶対に行けないわけではなく、アルコールを飲み過ぎるのがよくはないのです。
お酒を飲むことで体がポカポカとしますが、それは血管が拡張をして穴あきが流れるからです。
でもその血管の拡張といいますのは、目の充血をおこしたり、鼻詰まりを余計にひどくさせてしまいます。
だからおかけを飲むとなんとなく鼻の調子がイマイチになったり、目も赤くなったりするのです。
花粉症の症状なのか、お酒のせいなのかわからなくなる場合があります。
アレルギー症状が悪化していることに気が付かない場合があるのでお酒はほどほどにしましょう。

アルコールはそれだけで楽しむことは少ないでしょう。
一緒にさまざまな食材でのおつまみを食べることになります。
そのおつまみのラインナップは、どれもほとんどが高たんぱくであり、高脂質のメニューです。
唐揚げにポテトフライ、おでんの盛り合わせに焼きそば、ソーセージにじゃがバター、締めにはアイスクリームも待っているでしょう。
アルコールを飲みますと気持ちが大きくなって、高カロリーなものもぺろりと平らげてしまいます。
花粉症対策のためにも、ダイエットのためにも、高カロリーなお酒と食べ物は控えましょう。