ザイザルによるスギアレルギー対策に関して

スギ花粉

ザイザルは抗ヒスタミン剤に属する抗アレルギー薬です。
有効成分はレボセチリジンで、これが体内のヒスタミン受容体であるH1受容体をブロックします。
ヒスタミンが引き起こすアレルギー反応を起こりにくくします。

このザイザルはスギアレルギー対策によく使用されます。
スギアレルギーはスギ花粉が原因となって起こるアレルギー症状です。
アレルギー性鼻炎による、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎などの症状を引き起こします。
スギアレルギーの対策のためにはザイザルをどのように服用する方法が適切なのでしょうか。

まずアレルギー症状が出始める前から薬を飲み始めることが対策としては重要です。
スギアレルギーの場合、スギ花粉の飛散が2月中旬あたりから全国的に活発になります。
その時期より少し早めにザイザルの服用を開始すると症状が軽めで済むことがあります。
実はアレルギー症状を自覚するころには体の中でアレルギーはもうだいぶ進行している状態です。
鼻炎の場合ですと、もう鼻粘膜がだいぶ肥厚してしまい、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどを起こしやすい組織状態となってしまっています。
この症状が出る前の状態をいかに防げるかが重要なのです。
理想を言えば、スギ花粉が飛散し始める
2週間前あたりから薬の服用を開始するのがいいでしょう。

ザイザルの場合、成人では通常5mgの錠剤を1日1回服用しますが、スギ花粉飛散開始前の投与の場合には隔日に1錠ずつ服用するという方法でも構いません。
少なくともスギ花粉飛散開始1週間前には服用を開始するようにしましょう。
隔日に服用していて症状を少しでも感じ始めた場合には必ず1日1回の服用に切り替えるようにしましょう。