ザイザルと眠気の関係性

眠気を感じる男性

アレルギー症状を抑えるために、抗ヒスタミン剤がよく選択されます。
一般的に、1日2回、1錠ずつの服用で効果が出るので、非常に使いやすい薬です。
しかし、抗ヒスタミン剤を服用するときに、必ずついてまわるのが副作用です。
主な副作用に以下のものがあります。

・眠気
・だるさ
・頭痛
・口の渇き
・食欲不振
・吐き気

この中で一番多く聞かれるのが、眠気です。
アレルギーを引き起こす伝達物質であるヒスタミンの受容体への結合を阻害するのが抗ヒスタミン剤の働きです。
これだけ聞くと、ヒスタミンは悪者ではないかと思われるでしょう。
しかし、このヒスタミンの働きを阻害することによって、眠気が起こってしまうのです。
抗ヒスタミン剤の眠気は、まったく実感しない人もいれば、突発的に非常に強い眠気が襲ってきて、気づいたら軽く眠ってしまっていたという人もいます。
厳密にいうと、眠気が起こるというよりは、脳の思考力、判断力などが低下する、ということになります。
自覚していないだけで、実際は作業効率が落ちている人がほとんどです。
なので、抗ヒスタミン剤の説明には、自動車の運転や機械の操作など、危険がともなう作業を行わないように、注意書きがされています。
とはいえ、強いアレルギー症状に悩んでいる人にとって、抗ヒスタミン剤は必要不可欠なものです。
現在は、第二世代の抗ヒスタミン剤というものがあり、これは第一世代の抗ヒスタミン剤より、眠気などの副作用が出にくいと言われています。
第二世代のヒスタミン剤にザイザルがあります。
ザイザルは、比較的効果が強めに作られているので、全く眠気が出ないとは言い切れません。
しかし、アレルギーを抑える力が強いので、強いアレルギー症状を抑えたい方に向いています。
医師とよく相談して、抗ヒスタミン剤を服用しましょう。