ザイザルと他の花粉症薬の違い

ザイザルと他の花粉症薬の違いとは

花粉症薬には飲み薬の他、点眼薬、点鼻薬があります。
系統としては第一世代または第二世代の抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、血管収縮剤、副腎皮質ホルモン剤があります。
ザイザルは錠剤となる経口薬で、第二世代の抗ヒスタミン薬に分類されます。
一般的にはこの種類が利用され、アレルギー性鼻炎、皮膚炎、喘息を含む気管支炎の症状に利用されます。
アレルギー性結膜炎などは、直接薬剤を使用することのできる点眼薬を用いることがほとんどです。
広い範囲には使用できませんが一部の部位に対して効率的に働くので症状によって使い分けられます。

また、ザイザルを含む経口薬で抗ヒスタミン薬というものは、いくつか種類が存在し、成分によって花粉やハウスダストに対する効果が違ってきます。
例えば市販薬として販売されているアレグラFXは、副作用が少なく花粉症に良く効く薬ですが、症状を抑える効果としては若干弱い傾向にあります。
抗ヒスタミン薬の欠点と呼べる眠気については、添付文書にも車や機械の操作は禁止されていないので、ほとんどないと考えて良いでしょう。
対するザイザルは抗ヒスタミン薬の中では高い効果を有していて、全体をみるとトップクラスの抑制作用を持ち合わせています。

その反面、副作用があらわれやすく、特に眠気が出やすい傾向にあるようです。
添付文書でも服用後に車の運転や高所作業、機械の操作などはしないように注意されています。
服用から効果が発現するまで1時間程度と即効性があり、頓服として使用することも可能で、持続する時間も長く1日1回の服用で済むようになっています。
服用するタイミングは原則として就寝前とされ、24時間以上にわたって効果が続くので毎日服用していれば季節性の花粉症も抑えることが可能です。
ただし、代謝するための肝臓に負担をかけるので、長期的に使用する際は定期的に検査を受ける必要があります。