ザイザルはどの種類の花粉症にも効くの?

花粉症の女性

ザイザルはレボセチリジンを主成分にした飲み薬です。 花粉症を始めとしたアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、皮膚炎などの症状に有効で対応しています。 その作用面から抗ヒスタミン剤に分類されていて、効果は強いけれども副作用の少ないとされる第二世代のタイプの薬です。

アレルギーが発症するメカニズムには、ヒスタミンと呼ばれる化学伝達物質が関与しています。 体内や皮膚などに花粉やダニの死骸、ホコリ、その他の様々なアレルゲンが付くことで免疫系細胞が過剰に反応して放出されるようになります。 ヒスタミンが放出されると、全身に存在する神経受容体に結合することで刺激が起こります。 その部位に合わせて様々なアレルギー症状が誘発されるようになります。花粉症治療薬でアレルギー対策を行いましょう。 鼻や顔の周囲に起こると鼻水やくしゃみが起こる鼻炎、気道に近い器官では喘息や呼吸器に関わります。 皮膚ならかゆみや湿疹などの皮膚疾患となります。 花粉症はスギやヒノキなどが有名です。 春先に限らず年中様々なものが中空に舞っていて、秋頃にはイネやヨモギ、ブタクサといったものが原因でアレルギー症状が発症することもあります。

こういった症状でもヒスタミンが関与しています。 ザイザルは、化学伝達物質の働きを抑え、加えて受容体への結合を防ぐことができます。 花粉の種類に関わらず幅広いアレルギー症状に対応しているのです。 ザイザルの適応症にはアレルギー性結膜炎や気管支炎といった症状からは外れています。 ですが、アレルギーによるものは基本的に同じ作用を持つので、服用したら症状が軽減されたということもあります。 適応症として書かれていないため確実ではありませんが、アレルギーに関する症状であれば大抵の症状に効果を発揮します。 花粉症などは、花粉の種類を気にすることなく使用することができます。

個人輸入サイトのザイザルのお値段

個人輸入サイトを利用する女性

ザイザルは、個人輸入サイトの中では、5mgのものが20錠入った商品で、1箱3,300円前後で販売されています。 数箱まとめて購入することで、1箱あたりの値段が下がってお得に購入できるサイトもあります。 ザイザルの個人輸入については、個人で薬を服用する場合に限って、規定量を輸入し購入することが認められています。 個人輸入サイトから購入する場合には、信頼できるサイトを利用しましょう。 品質の確かな正規品の医薬品を入手するためにはとても重要なことです。 悪質な個人輸入サイトでは、偽物の医薬品を販売していることがあるので注意が必要です。 アレルギー症状を治療するどころの話ではなくなります。

ザイザルを安く手に入れたいと考えた場合でも個人輸入はおススメです。 ザイザルのジェネリック医薬品なら効果効能はザイザルと同じなのにさらに安く購入することができます。 クレブロスというザイザルのジェネリック医薬品が特にオススメです。 アレルギーの予防などで使用する場合は、毎日服用しなければならないため薬代が高くなりがちです。 クレブロスなら一日60円前後の費用で済むので検討してみても良いでしょう。

ザイザルの使用にあたって、これまでに薬が原因のアレルギー症状を発症したことがある場合や、腎臓・肝臓に持病がある場合は注意が必要です。 てんかんを起こしたことがある場合や、妊娠中・授乳中である場合にも、自己判断で服用せず、医師の診察を受けて処方してもらうことが大切です。 また、喘息の治療でテオフィリンを使用していたり、不整脈薬の治療でピルシカイニドを使用している場合は服用の飲み合わせの問題があります。 エイズのリトナビルを使用している場合などにも、副作用が強くなる恐れがあるため、医師に相談することが望まれます。 個人輸入サイトでザイザルなどの医薬品を購入する場合は、すでに医師の診察を終えていることが望ましいでしょう。

ザイザル以外の効果のある花粉症治療薬

薬を処方する医師

ザイザルはグラクソ・スミスクライン株式会社から発売されている、アレルギー性疾患の治療薬です。 ザイザルは主に花粉症やアレルギー性鼻炎などに苦しめられている人に役立つ薬です。 アレルギー科をはじめ、内科や眼科、耳鼻科などでこの薬の処方をしている所があります。 花粉症の症状が出て困っている時は、病院で早めに受診し症状を改善するのが有効でしょう。

この薬の他にも花粉症治療薬として効果が認められている薬があります。 患者さんの症状や状態によってはザイザル以外の薬が処方される場合もあります。 ザイザル以外の効果のある花粉症治療薬には、アレグラやクラリチン、アレロック、ジルテックなどがあります。 医師は患者さんの状態や希望に合わせて最適だと思われる薬を処方します。

これらの薬の違いは、ザイザルが主成分をレボセチリジン塩酸塩としているのに対して、アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩を主成分としています。 アレロックはオロパタジン塩酸塩であるなどの成分の違いがあり、効果の強さや副作用についてなど、同じ抗アレルギー薬でも違いがあります。 その違いとしては、アレグラはザイザルよりも効き目の強さがやや弱めですが、副作用として眠気や口の渇きなどが出ることがほとんど無いという利点を持っています。 ドラッグストアでも第1類医薬品として販売されているので、病院に行けない時でも買いやすい薬という特徴を持っています。

また、ザイザルやアレロック、ジルテックは第二世代抗ヒスタミン薬の中でも同じくらいの効果の強さであるとされています。 しかし、アレロックやジルテックは眠気を感じる副作用が強いというデメリットがあります。 実は主成分をセチリジン塩酸塩とするジルテックという薬を、眠気が出にくいように改良したのがザイザルなのです。 花粉症などのアレルギー症状を強く抑えながら眠気も出にくいという薬を使いたいなら、ザイザルが一番おすすめということになります。

おすすめ記事